犬の薬を購入するなら個人輸入代行サービスで安く手軽に

white cat

使用の際の注意点

black dog

フロントラインの価格(相場)についてですが、病院で購入するのが一般的ですが「高い」と思う方が多いと思います。なぜ「高い」のでしょうか。それは意外かもしれませんが、動物病院の治療費は低く設定されています。病院側は人間のように健康保険組合から確実に治療費を回収することが出来ません。かと言って、全額負担となる飼い主に高額請求すると今後リピーター(かかりつけ)となる飼い主の確保が難しくなってしまう恐れがあります。ただでさえ過当競争の激しい業界で、動物病院の経営が全く成り立たなくなります。そこで「治療行為」以外での収益源を確保する必要が出てきます。まさにこれがフロントラインを始めとする薬品であり、サプリメントなのです。海外から個人輸入でフロントラインを入手することができます。犬用Sサイズ:1,300〜1,600円位です。

個人輸入で注意する点を紹介します。【注意点1】1回で仕入れる額を16,000以下にする。約16,000円を超える医薬品(フロントライン)を個人輸入するときなどは、税関にて別途関税及び消費税が課税される可能性があります。このような場合は個人輸入代行業者も負担してくれませんので個人負担となります。税関から個人へ連絡がきます。【注意点2】受取先は自宅にする。普通の商品であれば自宅でも、勤め先での受取りも可能です。しかしながら、医薬品の場合は個人使用目的が前提のため、購入者の自宅以外に届けると個人輸入として認められない場合があります。その場合は別途関税を課税される可能性があります。【注意点3】一度に購入する量は2か月分以内にする。厚生労働省から出ているガイドラインによると、医薬品の個人輸入が可能な量は2か月以内となっています。

ページのトップへ戻る